ヨーロッパの考えるビットコイン

こんにちは。
今回は日本において、ビットコインを通じて電気料金を支払うことができるようになったことと、ヨーロッパの考えるビットコインについてお話していきたいと思います。
まず、日本のビットコインについてです。4月にですが、電気料金自由化になったこともありこの話題について触れます。一般的な通貨で電気代を支払うよりもビットコインを使うことによる方が電気代が安くなるとCoincheck社が発表しています。実際に電気料金支払いの許可が下りるまでにのこり数日、11月から可能であるそうだ。ただし、関東、関西、中部地方に住む人だけがCoincheckでんきという決算サービスに加入できるそうだ。電気料金自由化に電気料金をビットコインで支払うことができる。メリットが多いように思えますね。
しかし、ヨーロッパの欧州中央銀行は少し反対の意見であります。10月18日欧州中央銀行は、ビットコインなど仮想通貨に関する新規性の内容を強化するように欧州連合側に求めたと報じています。欧州中央銀行は仮想通貨利用拡大を促すべきではないと通達し、テロ対策として仮想通貨を法定通貨に換金する際の本人確認を強化するべきであると求めているそうなのです。これらの警戒は、ユーロ通貨圏の統制力が弱まることへの懸念を示しているとみられています。確かに、ビットコインが加速することによって様々な国が統制力を失う可能性を有していることは間違いないように思えます。