「マイナス金利」政策の導入

こんにちは!
つい先日、日本銀行が新たな金融緩和政策として、いわゆる「マイナス金利」政策を導入することを決めましたね~。

導入が決定された「マイナス金利」政策というものは、具体的には2月16日以降、金融機関が保有する日銀当座預金(現在はプラス0.1%)の一部にマイナス0.1%のマイナス金利を適用するというものです。
 
 以前から日銀には準備預金制度というものがありました。これは対象となる民間金融機関に、預金等の一定比率以上の金額を日本銀行に預け入れる事を義務付けていました。
これまで、義務付け以上の額を日銀に預けることで、金利は低いものの安全確実に運用ができていました。しかし、今回の「マイナス金利政策」では、過剰な準備預金部分に対してこれまで受け取れていた利息とは逆に0.1%の利息を払う事になるのです!

 私たちが「貯金していたら、お金を取られる?」という状態ではなく、あくまで民間の金融機関の話です。このように金融機関が日銀に預けている預金をマイナスの金利にすることで、日銀に預けていたお金を新規の貸し出しなどに回し、企業の設備投資等を促し、経済の好循環を生み出すことが日銀のねらいだったようです。
それにより、円安・株高への期待も高まっていました。

 しかし、政策発表後の2日には早くも株価が下落しています。日本株は主要企業が収益を輸出に頼っている以上、円安にならない限り、株価が上昇に向かうのは難しいということみたいです。。

今後の株価の動きも気になりますね。景気回復の一助となるのでしょうかね。

「マイナス金利」政策導入も私たちからしたら、きっと悪いことばかりではないはずです!