仮想通貨が事実上の通貨として認定!

お久しぶりです。
今年に入って、日本政府が仮想通貨についての規制を本格的に始めるという話はしました。
インターネット上で生まれた仮想通貨は日本において規制する法律もなく
日本政府にとっては扱いづらいものとされてきましたが、
2016年ついに「事実上の通貨」としての認定がなされることになりました。

仮想通貨の中でも規模の大きい「ビットコイン」は、世界的に流通しているものの
日本ではあまりメジャーではないですよね。
ビットコインを商品やサービスの決済に使っている企業も他国では増えているのですが、
日本でビットコインの取引所を運営していたマウントゴックスが倒産したため、日本人にとってはビットコインに信用があまりないのかもしれません。

今回、国はFX業者に義務付けているものと同じような義務を仮想通貨を扱う業者にも適用することを決めました。
つまり、仮想通貨が法制化されるということであり、これは事実上「通貨」として国が認めるということになります。

国が認め法制化されるのであれば信用も少しは取り戻せるかも・・・・?
これから日本で「仮想通貨」事業を展開する企業に期待がかかっていますね。