LINEゲーム内通貨は仮想通貨?

こんにちは。
仮想通貨について、2016年に入ってから日本でもどんどん認知が広がってますね。驚きのスピードです。
前回は三井東京UFJ銀行の仮想通貨についてお話しましたが、
今回はLINEのゲーム内通貨が「仮想通貨」として認定される、なんてニュースを見ました。
ゲーム内通貨が仮想通貨なんて、何を今さら?って感じしませんか?(笑)
当ブログでは仮想通貨の定義をヨーロッパ中央銀行より「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と言っていましたよね。
この定義に当てはめると、ラインのコインだってモンストのオーブだってツムツムのルビーだって仮想通貨なんです。
ですから、もともと仮想通貨なんですね。

しかし、この日本がゲーム内の通貨を「仮想通貨」として正式に認定したということは
今までソーシャルゲーム各社が独断で運用していたゲーム内通貨について、法律的に何らかの線引きが行われる可能性が高いということです。
国が管轄してくれるということは、いい意味では可能性が広がり利用者は保護されますよね。
悪い意味では窮屈になってしまうことがあるかもしれまんが・・・。

国が仮想通貨を認めて管理すればするほど、今まで仮想通貨に多くの人が抱いていた「バーチャルで先進的でスマートなもの」のような認識が変わってしまいそうですね。
でも、安全なものになることは間違いないでしょうね!