仮想通貨の半減期

こんにちは。
今回も、仮想通貨のお話をさせて頂きます。
仮想通貨と言えば、2009年にBitcoin-Qtという最初のオープンソースクライアントがリリースされたビットコインが有名だと思います。
それで今回は、仮想通貨の半減期についてお話していきます。

そもそも仮想通貨の半減期って何というお話なのですが。
半減期とは抽象的に言って、マイニングの報酬額が半分になるということです。
マイニングとは、決算の処理を手伝うことによって、報酬としてビットコインを手に入れる事が出来ます。その決算の処理を手伝うことをマイニングと言います。

そのマイニングの報酬額が半分になるという事は、最初は50BTCだった報酬額が、2013年には25BTCにまで報酬額が落ち込むということを言います。

じゃあなんで半減期がくるの?半減期が来ることによってどんな影響があるのかという、お話になりますが。

半減期が来る理由や半減期がくることによる影響としまして、コインの量を一定にするために半減させます。
そして半減期により、報酬が下がることで採掘するひとが少なくなるなり、
供給量が減少する。さらには、希少性が増えて、仮想通貨の価値が上がるという流れになっています。
これらが、理由と影響になります。
つまり半減期は価値の上昇を狙っているということです。

以上今回は、仮想通貨の半減期についてお話させていただきました!
これらの知識をためていくことによって、自分が投資をするので有れば、必要な知識になりますし、そうでなくてもIT化が進む中で知識として頭の隅に置いておくということも大切なのではないでしょうか。