外貨預金の思わぬ落とし穴

最近は外貨預金について触れてきました。
日本の金利は0.1%などと、とても低いので信じられませんが、
海外の金利は高いので、外貨として預金するのが得だ!
ということがわかるかと思います。
でも、もちろん思わぬリスクがあるので、
紹介していきたいと思います。

EU離脱による円高になる際は利益が相殺される場合もありますね。
こうした場合でも自分のタイミングで円に戻したりすることができます。さらに預金額を調整する、などとリスクを上手に回避することが大事です。

また、注意したいのが為替手数料です。
預金する際、引き出す際に為替手数料が取られます。
外貨を円に換える時、円を外貨に換えるときそれぞれ取られます。
たとえば、1ドル=100円で、円から米ドルへ、ドルから日本円へ交換する時の手数料がそれぞれ1円だった場合、円を外貨にする際は1円を101円、外貨から円にする際は99円となる。これらの差額の2円が手数料としてかかることになります。
せっかく利益がでても、手数料が高ければ儲けが少なくなってしまいます。
ここで、ネット銀行の場合は為替手数料は約4分の1程度です。
なるべく手数料の低いところを探すのがいいでしょう。

今回は外貨預金のリスクについてお話しました。
リスクを把握して儲けていきたいですね。